So-net無料ブログ作成
出遭いの可能性は、100パーセント自分次第 ブログトップ

出遭いの可能性は、100パーセント自分次第 絶対にためになる話。極上の人生とは?? [出遭いの可能性は、100パーセント自分次第]

e413d_284_331250af_77834cd2.jpg



たとえフラれたっていいじゃないか。

好きな人の記憶に残ったのであれば。最悪なのはフラれることもなく、

好きな人の記憶に残ることもなく、(通りすがりのその他大勢)で終わっていくことだ!


         スポンサーリンク







①いい男(女)がいたら、さらりと予約を入れておく。


いい男(女)がいたらすでに相手がいる場合が多い。いい男(女)というのは、それだけ魅力的だから当たり前の
話。
ところが、それでめげているようでは、いつまで経ってもいい男(女)とは付き合いことができない。

逆にパッとしない男(女)でよかったら、相手がいない男(女)で妥協することだ。
いい男(女)が目の前に現れて電流が走ったら、予約を入れておけばいい。たとえパートナーがいても、いずれ別れる可能性があるからだ!

恋愛の予約は、拍子抜けするほど、早く順番が巡ってくるときもある。


②勇気とは、好きな人に(好きだよ)と言えること。


あなたは、勇気とは何だと思うだろうか。
真の勇気とは好きな人に面と向かって、(好きだよ)と伝えることだ。

悪いと思ったら(ごめんなさい)と面と向かって伝えることが真の勇気ではないだろうか。
好きであることと、好きであることえを伝えることはまったく違う。誰でも頭ではわかっている。

頭でわかっているけれども、そのまま死んでしまったらそれはこの世に存在しなったのと同じだ。

勇気を持って(好きだよ)と伝えよう。

(本当は好きだったのに)と、思ったまま死んでいくことほどの後悔はない。


          スポンサーリンク








③(いい出遭いがない)と言う人は、いい出遭いの前で相手にされない。


出遭いは、あなたの実力で決まる。
実力のない人は、どんな出遭いのチャンスも通過していく。
これは人脈の絶対法則だ。

反対に実力があれば、出遭いはお互いに引き寄せあう。
パーティー会場でどんなに離れた席にいても、実力者同士は、必ず近づいていく。

周囲が紹介してくれるからではない。
周囲が紹介せざるを得ないのだ。
(いい男がいない) (いい女がいない)と愚痴っているのは、単に自分が無能であることを
公言しているに過ぎない。

出遭いの可能性は、100パーセント自分次第。



          スポンサーリンク








④(アイツに好きだと言い忘れた)をゼロにするのが、極上の人生。


最悪の人生とは、死に際に(アイツに好きだと言えなかった)(ごめんと言えなかった)と
後悔することだ。

つまり生きている間に(ありがとう)(ごめんなさい)を、いかにその都度キッチリ伝えていくことができるか、
が人生において大切なことだ。

極上の人生とは(ありがとう)(ごめんなさい)の言い忘れをゼロにしておくことだ。

もし、そんなことを意識しながら人生を送っていれば、すべての人間関係の悩みが解決してしまうだろう。

好きな人に、好きだと伝え切った人生が本当の勝ち組。


良かったら nice  お願いします♪ 


出遭いの可能性は、100パーセント自分次第 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。